シミは専用のレーザーでピンポイントに取り除くことが出来ます

笑顔の女の人

肌を美しくする治療

レディー

美容クリニックなどでは、レーザー治療を用いてシミを消すという方法があります。この方法であれば短期間でシミのない綺麗な肌を手に入れる事が可能です。さらに、痛みも少ないのでとても人気がある治療といえます。

Read More...

治療の効果と治療後の経過

鏡を見る女の人

医療機関では最新のレーザー治療ができます。シミ、ほくろ、いぼなどを取ったり、ムダ毛の永久脱毛をしたりと、レーザーはあらゆる症状の治療に使える高度な医療機器です。シミは自分で治すよりもレーザーで取ったほうが簡単です。

Read More...

年齢を重ねても綺麗な肌を

看護師

加齢により顔全体に出やすくなるシミの症状は、そのまま放置してしまうとシミの症状が悪化してしまう可能性があるので、綺麗な肌を手に入れる為にも美容皮膚科や美容外科でレーザー治療を受けることが一般的になっています。ただクリニックによって料金設定が異なるため事前に情報をチェックすることが大切です。

Read More...

効率良く消すために

美容整形

深さにあわせて選択

美容整形外科でのシミ取り治療には、一般的にはQスイッチレーザーが使われています。そしてこのQスイッチレーザーは、波長の長さによって、複数の種類に分かれています。波長の短いものは肌の浅い部分に、波長の長いものは肌の深部に、それぞれ熱を与えます。そしてシミは、肌の浅い部分にできることもあれば、深部にできることもあります。そのためシミ取り治療は、シミの深さを確認した上で、それに適したレーザーを使っておこなうことが大事とされています。具体的には、肌の浅い部分にできている場合には、Qスイッチルビーレーザーが、深部にできている場合には、Qスイッチアレキサンドライトレーザーが使われています。また、様々な深さに対応できるQスイッチヤグレーザーが使われることもあります。

混在していても安心

シミは、30代頃からでき始め、40代や50代になると一気に増えていきます。そのため30代のうちに治療を受けた場合には、できたばかりということで、比較的浅いことが多いです。しかし40代や50代になってから治療を受けた場合、シミが多い上、それぞれの深さが異なっていることがあります。新しくできたシミは浅いのですが、30代の頃にできたシミは、深くなっていることが多いのです。つまり、浅いものと深いものとが混在しているわけです。その場合は、美容整形外科では、上記の複数のレーザーを組み合わせたシミ取り治療をおこなってもらえます。混在していても、いずれも消してもらえるのです。深いシミの方が、消えるまでに期間がかかるのですが、適したレーザーを繰り返し照射しているうちに最終的には全てが消えることになります。